トップページ絹ミシン糸(絹100%)の別注オーダー染色

絹ミシン糸の別注オーダー染色 (完全別注生産)


染色の注文


お時間と費用は掛かりますがお客様ご希望の色に染色する別注染色加工も承っております。これでこだわりの思いの詰まった理想通りの作品をお作り頂けます!
西陣の熟練の職人が心を込めて染め上げます。
ご依頼の染色は化学染料での染色のみになります。


最低数量は3本/色ですが、数量が増えるとお安くなります。
お友達とまとめてご購入頂けたら色数もどんどん増える事間違いなし!
なんと6本以上の場合は、通常料金と同じ価格になりますので、、、
6人でオーダーすればこだわりはそのままで費用はいつもと同じ。

職人さんの手仕事の為、発送までに10~14日かかります事をご了解下さい。
お急ぎの方はお早めに!


糸の種類(太さ)と必要本数をお決めの上、色見本をお送り下さい。
色見本は出来るだけ大きな出来る限り絹糸に近い素材の物をお送りください。
どうしても無い場合は色紙でも構いませんが単色の物をお送り下さい。



別注染色価格表(1本あたりの単価)

3本の場合 3700円/本
4本の場合 3400円/本
5本の場合 3100円/本
6本の場合 3000円/本
10本の場合 2700円/本
20本の場合 2400円/本



どうしてもと言う場合は

1~2本の場合 6300円/本



別注染色を対応している絹糸

超超極細の絹糸
超極細の絹糸
極細の絹糸(M)
極細の絹糸
絹ミシン糸#80
絹ミシン糸#50
絹ミシン糸#30
絹ミシン糸#8
絹ミシン糸#5


※染色加工について色々な問題もございますのご注文欄の下側に記載しております注意事項も必ずお読み下さいませ。

※別注加工につきご注文後のキャンセル・変更は出来ませんのでご注意下さい。
また大変申し訳ありませんが不良返品以外のご返品は出来ません。


  絹ミシン糸の使用用途の一例 ・ ご参考
超極細の絹糸
とにかく細い絹糸はこちらをご覧下さい。
(撚り方向が違いますのでミシン糸ではありません)
極細の絹糸
ミシン糸とは撚りが違うため番手で表現するのはおかしいですが、
しいて言えばミシン糸100番と同じ太さになります。
市販の絹糸・綿糸よりも細い絹糸。
撚りが甘いのでとにかく光沢があり綺麗です。
撚りが甘くしかも撚りの方向も逆なので絹ミシン糸ではありません。
(絹しつけ糸よりも細い)
絹ミシン糸80番
組紐の糸としてお使い頂けるのはもちろん、ボビンレース、タティングレース
薄手の衣服(シャツ・肌着)の縫製など、色々なご用途にご利用頂けます。
色糸の在庫はございません。色糸はすべて別注による染色になります。
(市販の絹しつけ糸と似た太さ)
絹ミシン糸50番
組紐の糸としてお使い頂けるのはもちろん、ボビンレース、タティングレース、
衣服(スーツ・シャツ・肌着・着物)の縫製など、
色々なご用途にご利用頂けます。
(市販の絹しつけ糸より少し太い絹糸)

絹ミシン糸30番
数珠の房糸・芯糸としてお使い頂けるのはもちろん、タティングレース
バッグ・ジーパンなどの縫製の他、衣服などの縫製ステッチを目立たせる
場合など色々なご用途にご利用頂けます。
絹ミシン糸8番
穴かがり糸・穴糸・飾り糸としてお使い頂けるのはもちろん、レース糸#40、
本皮・合成皮革・バッグ・ジーパンなどの縫製ステッチを目立たせる
場合など色々なご用途にご利用頂けます。

(市販のレース糸#40とほぼ同じ太さです)
絹ミシン糸5番
てまり糸としてお使い頂けるのはもちろん、レース糸#20、
本皮・合成皮革・バッグ・ジーパンなどの縫製ステッチを目立たせる
場合など色々なご用途にご利用頂けます。
(市販のレース糸#20より少し細いかなと言う感じです)



上記の記載よりも、実はさらに太い絹ミシン糸もあります。


また上記の絹ミシン糸よりも太い糸も精練加工前の状態で在庫はございます。
糸の量が多くなり、お値段もお高くなりますが別注染色(お客様ご指定の色に染色)も出来ますので、こだわりのお客さまはお気軽にお問合せ下さいませ。
お気軽にと言っても、最低でも約10000円ほどはかかってしまいますが、、、汗


ご質問等がありましたらお気軽にメールでお問い合わせ下さい!



染色のサービスに関するご注意

出来る限りの努力はさせて頂きますが職人の手仕事のため微妙な色&感覚の差はどうしても出来てくると思います。 (特に少量の場合は微妙な色の差が難しいのです)
同じ絹糸でも撚りや太さが変わると影が光沢を変化させ色の明暗が変わります。
特に素材感の違う色見本の場合は、その物の発色自体が絹糸とは違う為に問題が起こり易くなります。

色合せは蛍光灯の下でさせて頂きます。天然光・白色灯下で のチェックをされる場合、若干の色の差がございます事をご了解下さい。

出来る限りご希望に添えるよう努力致しますが、これらの事をご理解の上でのサービスと言う事をお許し下さい。


前回に染めた色見本をお送り頂き全く同じ色をご希望された場合でも原料のロットやこちらの技術、その他の条件により若干の色の差がどうしても出てしまいます。作品の途中で糸が無くなり、色が変わる事をご心配される場合は予定使用量より多めにご注文&ご染色下さい。

染色には色々な染料、助剤などを使用しますので精練済みの同じ糸や違う色に染色した同じ糸と風合いを比べた時、かなり違う事があります。ご了承下さい。
色によって使用する染料が違うので、風合いが違う事もご理解下さいませ。

※別注加工につきご注文後のキャンセル・変更は出来ませんのでご注意下さい。
  また大変申し訳ありませんが不良返品以外のご返品は出来ません。


生糸 ・ 絹糸の堅牢度について

また、絹糸を染色する際、含金染料と酸性染料を色によって使い分け染色致します。
色により堅牢度は違いますが、基本的には若干の色落ちは必ずあるとお考え下さい。
洗濯・摩擦・日光のどれを取りましても絹糸には堅牢度の限度がありますのでご了解下さい。これは当方が既製品として販売している色糸・市販の着物や帯に関してもすべて同じです。

特に未精練の生糸・撚糸に関しては、通常の絹糸よりもさらに摩擦堅牢度が悪くなります。当方の既製品では人形の髪の毛がこの未精練の染色になります。

誠に申し訳ありませんが当方が染色販売した色糸でお客さまの大切にされている衣類に色が付いた場合も、当方では一切責任は取れませんのでご理解の程、お願い致します。大変無責任な言い方ですが現在の絹糸を染色する技術では仕方ない事とお考え下さい。特に濃い色に関しては繊維に付着している染料の量も多くなりますので目立ちやすくなります。


絹ミシン糸


トップページへ ページの先頭へ