トップページ新着情報更新の履歴

西陣の糸屋

新着情報更新の履歴 

◎近況報告(現在の絹糸業界の状況を随時お知らせしております)



◆生糸の状況

富岡製糸所の世界文化遺産の登録以来、急激に需要は高まりましたが一時的なお客さまが減り少しづつ落ち着いて来たとは思われますが安心出来ない状況です。
新規に始められる養蚕農家さんが僅かにいる反面、やはり高齢で辞めていかれる農家さんの方が多く、繭の生産量は年々減少しております。

国産生糸の価格は外国糸と比べる高価ですが、それでも業界がゆとりを持ってやっていける
価格ではありません。 そしてあたりまえのように和装業界は最悪の景気状況。
やはり不安な状況は変わりません。



◆手引き真綿の状況

手引き真綿が高騰して使用量も一気に減り、業界は一気に冷え込みました。
さらに国内で取り扱っていた大手の商社も完全に手を引き、残った在庫もほぼ完売。
こだわりで使用してきた織屋も少しは溜め込んだがここへ来て在庫がなくなり生産を依頼して
いるが減りに減った生産現場では生産が追いつかないといった状況。
唯一の手引き真綿糸の消費国である日本としては本当に難しい問題です。







ページの先頭へ ページの先頭へ