トップページ学習用教材

学習用教材


絹 生糸 繭 学習用教材

当社が教育機関・教職員様に出来ること、学校の授業に少しでもお役に立ちたい!

色々な学校さまよりお問合せを教材を作成。繭玉(まゆだま)より色々な糸が出来るまでの変化などを実際の目で体験して頂ける学習用教材です。
みなさまにきっと驚きと感動を与えてくれることでしょう!


教職員様用・生徒様用2種類の書類をご用意しております。。
全く内容の解らない方でも同封の説明書を読んで頂ければ絶対に理解できます。
ご安心してお申し込み下さい。


少しでも伝統産業に貢献出来るよう、格安の価格とさせて頂いております。
全国の教育機関さまのみの発送とさせて頂いております。



以前より多くの熱心な教職員様より当社にお問い合わせがありました。
それは「学校の授業」で繭、生糸、真綿などを説明したいという問い合わせでした。 本当にみなさま熱心にご質問されましたが、「何を聞きたいのか解らない状態」、 「私の専門用語による説明」の為、完全に理解していただく事が出来ませんでした。 私自信、そんな現状(非力でお役に立てない)が悔しくて、情けなく思いました。


そこで「伝統産業に関わる当社に出来る事」を考えました。
日本の伝統産業である織物を製造するための初めの第一歩「繭から糸を作る行程」などを「生徒さんに気軽に説明できる教材&体験できる教材」を作ることが、 当社がみなさまへ出来るせめてもの事ではないでしょうか?と考えました。




校費の後払いなど柔軟に対応も致します。  (詳細は最下段に記載)



おかげさまで発売開始より、全国100カ所以上の小中高等学校・私公立美術大学・
服飾専門学校等さまからご注文を頂きご好評を頂きました。

また生徒さまの前に先生方が驚かれるご報告をたくさん頂いております。(笑)



冨岡製糸所の世界文化遺産登録後さらに多くのお問い合わせがあります。
早急な対応が出来ない場合がありますのでお早めにご連絡下さいませ。


 ■生糸が出来るまでセットA       4500円(税別)


蚕(カイコ)が作り出す繭から生糸が出来るまでを、実際の目で確認していただけるセットです。
繭は生徒さんにも配ることが出来るだけ入っています。また、糸が織物になるまでの加工段階(生糸撚糸の精練前と精練後)を手にとって実感していただけます。

このセットはきっと驚きと感動を与えてくれるでしょう!
繭の数量は価格により変更する場合があります。
当店の教材では売り上げ不動のNO1


商品名 生糸が出来るまでセットA
商品詳細 国産繭玉(防腐・防虫剤が若干入っております) 約50個
国産 生糸27中
生糸撚糸(精練前)・生糸撚糸(精練後)

ご利用の案内 (教職員用1枚)
絹糸のうつりかわり (教職員用1枚)
繭・生糸・撚糸の解説 (教職員用1枚・生徒用1枚)
必ずどちらかで
ご注文ください
 セット
セット   
4500円/セット(税別)




 ■生糸が出来るまでセットB       8000円(税別)


上記生糸が出来るまでセットAのデラックスバージョン!(5種類の絹糸を追加してご覧頂けます)蚕(カイコ)が作り出す繭から生糸が出来るまでを、実際の目で確認していただけるセットです。

繭は生徒さんにも配ることが出来るだけ入っています。
また、糸が織物になるまでの加工段階(生糸撚糸の精練前と精練後)を手にとって実感していただけます。
生徒さんもきっと驚くことでしょう。


商品名 生糸が出来るまでセットB
商品詳細 国産繭玉(防腐・防虫剤が若干入っております) 約50個
国産 生糸27中
生糸撚糸(精練前)・生糸撚糸(精練後)
帽子真綿・真綿糸・キビソ糸・ビス糸・絹紡績糸
ご利用の案内 (教職員用1枚)
絹糸のうつりかわり (教職員用1枚)
繭・生糸・撚糸の解説 (教職員用1枚・生徒用1枚)
副蚕糸の解説  (教職員・生徒共通用1枚)
必ずどちらかで
ご注文ください
 セット
セット   
8000円/セット(税別)




 ■おどろく絹糸の変化体験セット       3500円(消費税別)


おそらく和装関係者以外の方は見た事のない「固く光沢の少ない絹糸」が「しなやかで光沢のある絹糸」になる変化を体験していただけます。
きっと先生方もその違いにおどろかれる事でしょう!
日本の伝統技術をこの機会にご体験下さい!(最低でも3Lのお湯の入るお鍋とコンロを使用します)
若干の化学薬品は使用しますが手で触る程度では特に問題ございません。(火傷には注意)生徒さんも絶対に楽しめますし、きっと良い経験になると思います。

追加の絹糸で色々な種類の絹糸の変化もご覧下さい。作業は約45分ですが最終結果を見て頂くのには糸の乾燥を待つ必要がありますので翌日以降の授業も約10分程度必要になりますただいま当店一押しのお勧め教材です!(出来れば追加の絹糸をお勧めします)


商品名 おどろく絹糸の変化体験セット
商品詳細

絹糸(追加の際は色々な撚りの絹糸を同封)
精練用薬剤(お湯に溶けやすい粉状)
うすめた酸(液体)
ご利用の案内 (教職員用1枚)
おどろく絹糸の変化解説 (教職員用2枚)
おどろく絹糸の変化解説 (生徒用2枚)
※追加絹糸には精練用薬剤&うすめた酸も付属します。
※追加絹糸はセットご購入時のみご購入頂けます。

必ずどちらかで
ご注文ください
 セット
セット   
3500円/セット(税別)
 追加絹糸
セット   
600円/セット(税別)




 ■生糸をひこう体験セット      4000円(税別)


家庭科の調理実習室で、実際に生徒さんに生糸をひいていただけます。日本の伝統技術をこの機会にご体験下さい!(お鍋とコンロを使用します)衛生面で少しご心配なされるかもしれませんが、化学薬品は一切使用しませんので作業終了後にしっかり洗っていただければ全く問題はありません。生徒さんも絶対に楽しめますし、きっと良い経験になること間違いなし。

繭の数量は価格により変更する場合があります。
繭不足の為、現在は販売できません。


商品名 生糸をひこう体験セット
商品詳細

大変申し訳ありませんが繭玉不足の為、発売を中止しております。

国産繭玉 約300個(防腐・防虫剤が若干入っております)
ご利用の案内  (教職員用1枚)
繭・生糸の解説 (教職員用1枚)
生糸のひき方  (教職員用1枚&生徒用1枚)
※繭の追加は約70個で1000円になります。
※追加繭はセットご購入時のみご購入頂けます。。

必ずどちらかで
ご注文ください
 セット
セット   
4000円/セット(税別)
 追加繭

セット×70個   
1000円/セット(税別)



絹の原料はここ数年でかなり値上がりしております。糸の種類や繭玉(まゆだま)の数量などは、各素材の状況に合わせて随時内容変更致します事を ご了解下さいませ。また在庫の状況によっては発売を中止する事もございます。プリントアウトされる場合は特にご注意下さいませ。


伝統産業維持の為、今後も少しでもお役に立てる様に生き残りをかけて頑張ります。
皆さまも今後とも宜しくお願い致します。


教育機関関係者さまへ発送の場合 (校費でのご注文の場合)

校費扱いで使用される先生、教授、大学職員さまの場合は代引き以外の発送も致します。
ご注文の際は、必ず個人名記入で以下の条件にてご注文下さい。
お支払いが1ヶ月以上かかる場合も事前にご入金日をご連絡を頂ければ大丈夫です。
(お支払いの最終責任は教育機関さまとさせて頂きますのでご了解下さい)

見積書や納品書が必要な場合や、代表社印が必要な場合も必ず事前にお知らせ下さい。
専用の請求書等の書類がある場合は、申し訳ありませんが事前にご郵送下さいませ。
(通常時に同封する書類は、社印捺印の請求書のみになります)


①教育機関への発送の場合は、特に制限はありません。
②教育機関指定の発注書でFAXでご注文下さい。(個人宅発送も可能)
③教育機関名入りのお名刺があれば正式な発注書でなくてもOKです。 (個人宅発送も可能)
④教育機関の簡易なゴム印があれば正式な発注書でなくてもOKです。 (個人宅発送も可能)
④教育機関名入りの封筒があれば正式な発注書でなくてもOKです。 (個人宅発送も可能)


上記が無理な場合は、当方では学生さまとの区別が解りませんので上記の「教育機関へ発送の場合(個人的にご注文の場合)」と同じ扱いとさせて頂きます。
お電話の際は必ず公費、先生、教授、大学職員さまという事をお伝え下さい。
(学生さまのご注文とと区別する為に宜しくお願いします)



出来ましたらリンクお願い致します!


HP・ブログをお持ちの方は出来ましたらリンクをお願い致します。



リンクの多いHPは検索エンジンでも世の中の重要度が高いと評価されます。
それが当方のやる気になってより頑張っていく原動力になります。(笑)


★リンク時のお願い(多少のコメントの変更などなんでもOK)
名称      西陣の糸屋(有限会社吉川商事)
リンク先    http://www.kinu.net/
コメント     生糸・絹糸・人形の髪の毛・金糸を豊富な品揃えで販売


生糸・絹糸・人形の髪の毛・金糸を豊富な品揃えで販売
バナー画像  (88×31) http://www.kinu.net/img/nishijinnoitoya.gif 

生糸・絹糸・人形の髪の毛・金糸を豊富な品揃えで販売
バナー画像  (200×40) http://www.kinu.net/img/nishijinnoitoya200.gif 


ページの先頭へ ページの先頭へ